動画で見るロータリーエンジン3


ロータリーエンジンには、様々な困難がありました。
一番最初の実用化の壁、第一次、第二次、オイルショックの壁

 

そして、これが一番大きかったのかもしれません。
バブル崩壊です。マツダはバブル崩壊で経営危機に陥り、アメリカのビック3の一角、フォードの傘下に入りました。

P1020899_R

この時、おそらくフォードにロータリーの技術を持っていかれたかもしれません。今は、傘下からは独立しています。

 

今回の物語はRX8のNAエンジン、レネシスロータリーの開発物語です。RX8のロータリーエンジンの開発は、排気ガスの規制を乗り越えるためのNAエンジンだと思っていましたが、実はもう一方の側面もあったんですね。

 

 

RX8は、マツダ車内のロータリー技術者の熱意が成就した結果、誕生した車です。

ロータリーエンジンの実用化に苦労したロータリー47士
47士でも諦めた技術を再検討して、実用化した。熱意

 

47士に負けず劣らずの技術屋ですね。
今は、ロータリーエンジンを動力した車の販売は予定されていませんが、マツダ社内には、このような方たちが、いらっしゃいます。

 

 

一ロータリーファンとしては是非、頑張っていただきたいです。