ロータリーエンジン搭載車RX7(FC3S)


二代目RX7、FC3Sです。

Grant.C3、(by Grant.C3)

 

数は少なくなりましたが、現役で走っているFC3S
私が昔乗っていた車でもあります。生産終了から20年以上たった車は、いろんな箇所にトラブルを抱えます。

 

特に、シール系、ゴム製のブッシュが心配です。
私が乗っていた時、故障したのはパワーウインドウのスイッチだけでした。その他の箇所は故障はしていません。

 

よくロータリーはエンジンオイルの減りが早いと言われますが、私が乗っていたFC3Sは、そうでもありませんでした。

 

生粋のロータリー乗りに言わせると、私はダメなのかも知れませんが、少なくとも私はオイルを車に積んではいませんでした。

 

なぜか、エンジンオイルが少なくなることがなかった方です。ちなみに手放した時の走行距離は13万キロを越えていました。
FC3Sの魅力は、形にあります。

 

そうですよね、性能から言えば基本設計の新しいFD3Sには勝てません。性能では、はっきり言って何処をとっても勝てません。

 

 

もし、この車が選択枠に入るとすれば、この車への憧れか、年数超過から来る値段の安さか、どちらかです。

 

ただ私が、もう一度セブンに乗るとすれば、FC3Sを選びます。
モータースポーツで大事なことは、エンジン性能もそうなのですが、フレームの剛性がかなり重要になってきます。

 

コーナリング中、ドリフトなどの急激な変化が車に伝わる時には、車のよれが発生します。サーキット走行仕様の車を作る時は、車の剛性を上げることも1つの改造メニューに入ってきます。

 

私は、その後180sxに乗りましたが、全然違います。
あのフィーリングをもう一度味わいたいので、乗るならFC3Sです。

 

ただ、FD3Sの方が、年式も新しいですし、フレーム面でもFCは劣るとは思いますが、楽しむためのモータースポーツならFC3Sで十分です。

 

それに、FC3Sで基礎設計の新しい車を抜いた時の感覚は、いいものですよ。

 

エンジンスペック

エンジン型式 13B
最高出力 215ps(158kW)/6500rpm
最大トルク 28.0kg・m(274.6N・m)/4000rpm

 

FC3Sには、前期、中期、∞と三つあります。

  • 前期は185ps
  • 後期は205ps
  • ∞は215ps

 

 

orange_advan

 

FC3Sは、こんな方にオススメ

他の車と被りたくない方
生産終了から20年以上立ちます。最近では、ほとんど街中ではみあたりませんし、私が行っていた走行会でも、ほとんど見たことありません。
でも、戦闘力は高いです。

 

改造次第で化けます。
今から5年前、某所のレコードタイムは黒のFC3Sが持っていました。某所です。もしかしたら今でも破られていないかもしれません。サーキットでも、知り合いになったFC乗りの人は、当時一番新しい型のインプレッサを煽ってました。

 

 

FC3Sは、今も色あせない性能です。

 ロータリーエンジン搭載車RX7(FC3S)中古車情報

カーセンサー中古車情報     サバンナRX-7   
本体価格:380,000
カーセンサー中古車情報     サバンナRX-7カブリオレ   
本体価格:570,000
カーセンサー中古車情報     サバンナRX-7カブリオレ   
本体価格:798,000